--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.30

プリンスこのところラジオでよく耳にするのが
プリンスの曲『ギター』
間奏のところで入るギターの音に必ず反応している。
こめかみあたりに、リリリリリ♪と気持ちよく響きます。
プリンスのファンだった学生時代の友人、CD買わないのかな・・・




『ギター』試聴
スポンサーサイト

2007.09.29
2007.09.25
2007.09.24

ふくろ

布袋様

布袋様の袋の中には何が入っているのだろうね。
まるさんかくしかく飴が入っているようだな。


ふくろ






acornの袋の中には、日の丸弁当とシュークリームとチョコチップクッキーが入っているよ。ん?・・・チョコ・・・ つづく


2007.09.18

しゃらりーん

鈴鳴らしのたいへんお上手な虫が、近所にいらしていて・・・

2007.09.16

かん違い

今年は百日紅の花が眼につきます。
例年になくピンクの色が鮮やかなのか、私の視線の変化なのか、それは分かりません。
母方のお墓の脇にも、百日紅が植えられています。
子供の頃、お墓参りの際そのなめらかな肌の幹を撫でながら、親戚のおじさんが「すべすべしてるだろ?サルも滑って登れないんだよ。」と戯言をおっしゃったんです。
以来、私はかなり大きくなるまでこの木は『猿滑り』という木だと思っていたんですね。
 
さるすべる


2007.09.11

画賛

社会生活で被る理不尽の数々に疲れる日々。
そんな今、一幅の禅画が私に語りかけてきた。せんがい

出光美術館で開催されている展覧会に行ってきました。
日本で一番古い禅寺、福岡の聖福寺の住職であった仙が描く禅画。
多くの水墨画の題材として描かれている、龍虎・寒山拾得・達磨などが仙の手になるとその妖気は消え、のどかでうれしそうな表情をたたえている。
観客の口元は緩み「ふっ」「ほっ」と笑いがこぼれる。
ゆかいな和尚さんのお話を伺っているような気分で、ひとつひとつと眺めていくと、中程で上の「○」に出会った。
この画の前にどれほどの時間いただろう、静かな気持ちで「ん」と思う。


| | COM(3) | TB(0) |
2007.09.08

akikoのうた 拾壱

ツシマヤマネコ




イリオモテヤマネコ


2007.09.02

涼風

涼風
食器洗いをしているうち、ガスコンロの汚れが気になり磨きはじめた。
そのうち、周りのタイルの油汚れにも気が付き、これを拭き上げる。
つづけて冷蔵庫の野菜室の玉ねぎの皮屑を思い出し、中身を全部取り出して洗う。
暑いからとの言い訳はそろそろ返上。
涼風は身にありがたい。
さて、明日から新学期・・・学生でもないのにそう思う。

2007.09.01

午後の最後の芝生

午後の最後の芝生

湿った曇り空を小さな鳥が横切っていく
耳を澄まさなければもはや蝉の声に気が付かない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。