--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.11

画賛

社会生活で被る理不尽の数々に疲れる日々。
そんな今、一幅の禅画が私に語りかけてきた。せんがい

出光美術館で開催されている展覧会に行ってきました。
日本で一番古い禅寺、福岡の聖福寺の住職であった仙が描く禅画。
多くの水墨画の題材として描かれている、龍虎・寒山拾得・達磨などが仙の手になるとその妖気は消え、のどかでうれしそうな表情をたたえている。
観客の口元は緩み「ふっ」「ほっ」と笑いがこぼれる。
ゆかいな和尚さんのお話を伺っているような気分で、ひとつひとつと眺めていくと、中程で上の「○」に出会った。
この画の前にどれほどの時間いただろう、静かな気持ちで「ん」と思う。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://acorn2.blog87.fc2.com/tb.php/100-b0c99460
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ん~。「茶のめ」。あったかい命令形があったものだ。
acorn嬢、選ばれて呼びかけられてしまったね。
まるい心にまるぼうろ。江戸のまるぼうろ(?)たべてがんばりなっせ。
呼びかけって、あるものだよね・・。

Posted by akiko at 2007.09.11 23:23 | 編集
おやおや、これは仙崖和尚ではないですか。おひさしぶり。和尚の絵にはこういうキュートなものもあります。ご参考まで。

http://www.f4.dion.ne.jp/~rental/information/rental29/opinionsengai.htm
Posted by M17 at 2007.09.12 06:26 | 編集
akikoさんへ
そうねぇ、200年の時を経ての呼びかけですよ。
「博多の仙さん」と言われて江戸時代の庶民に愛された和尚は、平成の庶民の肩をも、さすってくれるのね。
江戸のかどうか分からないけれど、ちっちゃくてまるい卵ぼーろは子供の頃の可愛いおやつだったよ。

Mさんへ
うーん、この「猫に似たもの」今回出展されていまいした。
これ虎なのよねえ。これの近くにはとぼけた犬が「きゃんきゃん」していました。
ところで、以前Mさんが予言したとおり、安倍氏精神錯乱ですね。お気の毒です。

akikoさん、Mさんを知ったことにより私の博多方面へのアンテナが敏感になっているようです。
機会があったら、聖福寺を訪れてみたいなあ。仙さんの軸はあるのかしらね。
Posted by acorn at 2007.09.12 22:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。