--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.13

この記事へのトラックバックURL
http://acorn2.blog87.fc2.com/tb.php/110-4b861959
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
登場人物に魅力を感じなかった、って好感が持てなかったということ?
橋本治おじさんの意見はいかに?我が家にも橋本治さんの本は数冊あるけれど私、読んだことなくて。Mさんとこで何回か話題になったからフムフム、こりゃ読んでいてソンはなさそうと思ってそのまま。ちょっと読んでみようね。
Posted by akiko at 2007.10.17 23:10 | 編集
うん、好感も嫌悪感も持たなかった。
三島由紀夫の観念は私に働きかけない、ということかな。
華麗な表現にはたくさん出会ったけれどね。
私には必要ない作家なのかもしれない。
橋本治、読みなされ。私も次なにを読もうかなーと思っているよ。
Posted by acorn at 2007.10.18 21:18 | 編集
「走ることについて僕が語るときに語ること」(だったっけ?)春樹氏の新刊がでておりますが。あっちの机にもうあるよ。若かりし頃の写真いり。
やっぱり希有なかたと思うよ、春樹さんは・・・。
私も春樹さんが朝朝走っているだろうことを励みに一日一首!って思っていたものだから、この本は実にたいむりーでうれしい~。
Posted by akiko at 2007.10.18 23:24 | 編集
エッ!知らなかった。
明日、書店に走らなければ。
村上春樹は、私に必要な作家ですからね♪
Posted by acorn at 2007.10.18 23:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。