FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.05.05

子供の日だけれど

yakusoku_1.jpg 「美しい森でサルたちは木から木へと飛び移り楽しく暮らしていました。
  けれどある時、トゲのたくさん生えた谷に滑り落ちてしまいました。
  身体中にトゲが刺さり必死でそのトゲを抜くのですが、とてもたくさんのトゲはどうにもならないものでした。  
なかでも辛く痛いのは爪の間に刺さってしまったトゲです。
それを取り除くためには  爪を剥がなくてはならない・・・
ねえ、どうしたらいいのだろうか?」
 エチオピア難民の9歳の少年はイスラエルの養母にそう訊ねるのです。
 今、岩波ホールで公開中の映画「約束の旅路」の一場面ですが、映画の少年は 悩みながらも、たくさんの愛に支えられ青年となり感動的に終わります。
 けれど、飢饉や内紛により国を追われた難民は、幸福を追求する権利どころか 命の危機にさらされている状況が続いている。
 UNHCR のサイトです。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://acorn2.blog87.fc2.com/tb.php/58-51f4c738
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんにちは。地味な連休を過ごしていましたー。ごぼうを洗いながら、でも渋滞に巻き込まれて動かない車にいるよりはいいってことよ、と地味家事街道を歩いていたのでした。

四月に長女が持ち帰ってきた「一年こくご」を手にした時、兄弟人数ぶんこれをもらうわけか、って思った。文具や靴も普及していない国にいる子供は子供という点ではこっちの子供となにもかわらないのにね。ランドセルに教科書つめながらそう思いました。
Posted by akiko at 2007.05.06 19:12 | 編集
あはは、私も混雑した観光地は苦手だわ。
地味街道には、人様に申し上げることではないけれど、
可愛い面白みとか小さなうれしさは転がっていますから・・・

デッカク派手なことは出来ないけれど、
地球上のいろいろなことに気を配っていこうと思いますね。
Posted by acorn at 2007.05.06 22:58 | 編集
地味街道を歩いていくにゃ~春樹の本を忘れなさんな~。大きな岩は石となり~流れる大河は水たまり~

ま、あとはシカオくんでも聴きながら進みましょう。
acorn嬢には絵筆もいるね。

そうそう、今日朝日歌壇に載ってたよ~。
 
立て抱きする乳飲み子の目が見つめいし うえからしたへと散りゆくさくら

もうすっかり力強い緑の季節になったね
Posted by akiko at 2007.05.07 00:29 | 編集
新聞掲載おめでとうございます。やはりそうでしたか。昨日の朝刊を読みながら「これはakikoさんの歌だろうな」と思っていました。移動するものをゆっくりと目で追う特徴的な作風がか感じられましたから。すがすがしい歌ですね。割り込みコメント失礼いたしました。
Posted by えむ at 2007.05.07 06:30 | 編集
わお、またまた掲載されたのね。すばらしい!
詠む情景は優しく柔らかだけれど、歌を詠む人としての力強さが認められていると思いますよ。おめでとう。

「流れる大河は水たまり~」も、なんだか可愛くて笑顔をいただき♪

Mさん
私達は、akikoさんの気持ちの良い風を身近に感じることが出来て、うれしいですね。
これからも素敵な歌が生まれくるでしょう。ほくほく・・・
Posted by acorn at 2007.05.07 22:43 | 編集
17星雲方向から「ひらがなにひらきすぎじゃ」と声が聞こえたらどうしようか。。でも考えた上でのことなので許してもらおう。。。

えむさん、評までして頂いてありがとうございました。確かに何かをじーっとみることは好きみたいです。
春樹さんは、文章でも物でも作ること自体が喜びとなにかで言っていたけれど、私は単純なのでやっぱり載れば嬉しいです、励みになるし。それとは別に、acornさんやえむさんのブログを覗くと励みになる。今しなければいけないことをしないとね、と。不思議なこってす。それと、他の方が昨日コメント入れてあったことばについてのブログですが、粒子がなんとかと言って私も同じようなことを、下手な文で春樹さんに書いていたのでした。すごく短かったですが。だから去年はじめてこのブログを読んだ時たいそう驚きました。不思議なこってす、です。
Posted by akiko at 2007.05.07 23:03 | 編集
そうそう、Mさんのブログって、自分がちょうど思っていた事柄がテーマになっているうえに、その時頭に浮かんでいた言葉が書かれていたりするのでびっくりするのよね。
Posted by acorn at 2007.05.07 23:33 | 編集
acornさんへ

そうですね。acornさんの風通しのいい部屋で味わうakikoさんのすずやかな風はまた格別です。どうも私の部屋は暑苦しくってむしむししますからね。こどもの日、ジャスミンとacornさんも好調のご様子、なによりです。半袖を着て外をうろうろできる季節になると、なんか気持ちがうきうきしてきますよね。

akikoさんへ

いやわかりますよ。新聞に名前が出ちゃうとどきどきします。先日、内田先生のブログに自分のハンドルネームが載った時には思わず口あけて固まっちゃいました。ちなみにここだけの話ですが、今日の先生のブログのネタ提供者、「蛇の道は蛇」の「へび」は私なんですよ。ここ一週間で二回ほど先生とメールのやりとりをして「クールでディーセントな読者」といわれちゃいました。うれしいなあ。「狂った泥酔者」の打ち間違いじゃないといいんですが。

Posted by えむ at 2007.05.08 20:07 | 編集
今や時の人となられている先生からそんなこと言われるなんてすごい。昔から先生の本を読んでいたえむさんにとっては、時の人という言いかたは違うかもしれませんね。えむさんも、デビュー作から春樹さんを応援していたacornさんも、おふた方はほんとに目利き。連休中にオオカミ少年のパラドクス(口語でくだけてるから読みやすかった)を読んだのですけれど、世の中に蔓延している諸処の問題への切り込みのいれかた、指摘が鋭くて感心しきり。親の立場としてすごく考えさせられるところもありました。えむさん嬉しいでしょう!!感激ですね!!

あとは、acorn嬢はシカオ君とのコンタクトを試みる、と。

新聞への短歌は掲載された二首しか送っていないのでここでやめたら掲載率100%の女ってことよ。でもパーセンテージが下がろうともacorn部屋の運気をもらってがんばりますっすよ。

では早速、蛇の道ブログを読んでみます。どんなのかたのしみ。
Posted by akiko at 2007.05.08 23:29 | 編集
あ、新聞短歌、今年は二首ってことね。去年はちっとも載りませんでした。

acornさん、忙しくなりそうですね。陰ながら見守ってます。
Posted by akiko2 at 2007.05.09 00:07 | 編集
最近思うのは、春樹さんの小説もシカオくんの音楽もakikoさんの歌もMさんのブログも、それぞれ不特定多数に送っているメッセージではあるけれど、私にとっては個人的な友人からの手紙のような気分で受け取ることが出来るのよね。
私はそういう雰囲気のあるものが好きなのかもしれないぜ。

ところでさ、内田先生は「おばさん的」とか。
私は「おかまさん的」になりたいんだな、これが・・・

Posted by acorn at 2007.05.09 00:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。