--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.05.19

確実

IMG_0015.jpg

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://acorn2.blog87.fc2.com/tb.php/61-13cdd076
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
鬼たいじ途中に安息地があってよかったです。

毎度のことながらacornさん、よく知っているねえ。そうか、今回のアルバムは力づけてくれるのね。私は今日は大公トリオで春畑を歩いている気分でござったよ。音楽を聴いていると、力づけられたり、もういいぢゃないか、と慰めてもらったりね。自分のありように作用することけっこうあるよね。
Posted by akiko at 2007.05.19 23:49 | 編集
う~ん、春畑を歩いたのかぁ。いいねえー。
豊かな大地が遠くまで広がって・・・
この曲は、カフカにおける「百万ドル・トリオ」ではなく、父がよく最初のテーマのところを口ずさみながら探し物なんかしていたので、私には日曜日の午後という感じなのよ。

ほんとにそうね、音楽はありように作用したり、情景を思い出したり素敵なものです。
良き音楽のある世界に幸あれ。
Posted by acorn at 2007.05.20 21:36 | 編集
口ずさみながら探し物。acornさんにそういう印象を持たれているお父様は幸せですね。何気ないことなんだけれどそういうことがかえって記憶に鮮明だったりするんだよねえ。

今日のお昼、とても久しぶりに近所のお蕎麦屋さんに行きました。かかっていたのはミットだったかキットだったかそんな名前。ミット・ジャクソン・クインテッド・・・そんな名前だったんだけれど知ってる?
このお店は小さくてわりに落ち着いているお店なんだけど、今日は大きな声で話してるおじさんがいたー。スキルとかモチベーションとかそんなものはなー!とか、トライトライトライ!とか連れの人に言っててさ。そろそろ言うかなー、と思っていたらやっぱりきた。俺たち団塊の世代はなー!(はい、当たり!別府温泉旅行一泊二日)
Posted by akiko at 2007.05.20 23:20 | 編集
きっと、ミルト・ジャクソンたぶんカルテットだと思うけど、クインテッドというのもあったのかな?
今度ご紹介しましょうね。ヴァイブ(鉄琴のプロ仕様っぽい楽器)がすばらしく軽快で、この人が演奏するソフトリーという曲が大大大好き♪

私の世代の先輩格として時代をリードしていた団塊の人々もすっかりオヤジ仕様なのね、ははは。
Posted by acorn at 2007.05.20 23:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。